イタリア お菓子 料理 旅   + etc +


by MpeachM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お菓子( 41 )

私の大好きなパティスリーパリ・セヴェイユ(自由が丘)とイデミ・スギノ(京橋)のケーキをいただきました。
どちらが好きかと言われると~・・・・やっぱり私は断然パリ・セヴェイユ!サントノレ・キャラメルは絶品!パリを感じる一品です☆ムッシュ・アルノーも新作のピスターシュとフランボワーズも美味。パリセのケーキは1つのケーキの中に色々な食感が存在していて食べていて楽しい。
イデミ・スギノはムース系が多いのですが私はあまりムースは好きではないのです・・・。今日初めていきましたが店内は行列!!ケーキ買うのにこんなに並んだのは初めてかも。。

写真左半分はパリ・セヴェイユ、右半分はイデミ・スギノのケーキです。
e0114373_21502949.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-04-29 21:54 | お菓子
杉本先生のお菓子教室にいってきました。今日は今が旬のいちごのミルフィユです♪

ミルフィユを綺麗にカットすること、綺麗に食べるのは至難の業・・・
予め1人分にパイ生地をカットしてクリームを挟みました。
クリームはクレーム・ディプロマット(カスタードクリームと生クリームを混ぜたもの)

折込用のバターを厚さ1cmの正方形にするのですが、麺棒でバシバシ!っとたたくのでおうちで作る時は近所迷惑が心配です(^^;;)。。

フィユタージュ生地はデトランプでバターを包むのが一般的な方法ですが、バターでデトランプを包む逆折込方式というのがあって、「フィユータジュ・アンヴェルセ」といいます。アンヴェルセとは「反対」の意。ピエール・エルメはこの方法で作っているらしいです。その方がサクサクとした生地になるらしいのでそのうち試してみたいと思います。
e0114373_16311615.jpg
e0114373_16312545.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-04-27 16:33 | お菓子

☆ばな~なタルト☆

全粒粉と甜菜糖でタルト生地、アーモンドクリームを作ったのでちょっと素朴にバナナタルトにしてみました。バナナはラム酒でフランベしてアーモンドスライスをトッピング♪
ふだんのおやつって感じのお味デス。
e0114373_2142811.jpg
e0114373_21421739.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-04-21 00:00 | お菓子

☆フル~ツタルト☆

最近タルトを作り続けてます。パート・シュクレやらパート・ブリゼやら、配合を変えたり。
イマイチ納得のいく仕上がり味に辿り着けずまだまだ格闘は続く・・・。
e0114373_8592393.jpg
e0114373_901433.jpg
e0114373_904116.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-04-19 09:00 | お菓子
ラ・デュレはパリに何店舗かありますか、マドレーヌにあるお店は内装がクラッシックで雰囲気のあるお店です。

私のパリに来たら絶対食べなくて!リストに載っていたラ・デュレのタルト・タタン。テイク・アウト用もありますが、サロン・ド・テで戴くと温かいタルト・タタンに濃厚な生クリームが添えられて出てきます♪

e0114373_1942640.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-03-09 12:00 | お菓子

ショートケーキ

美味しいイチゴが手に入るこの季節はやっぱりショートケーキがいちばん♪

スポンジ生地に生クリームを塗ることを「ナッペ」といいますが、ナッペ、苦手です。回転台を買ったらもっと上手く塗れるかな・・・。

よくあるショートケーキはスポンジ生地3枚で薄切りイチゴを挟んだものが多いですが、今日はスポンジ生地を2枚にして大きめのイチゴを挟んで生クリームの部分を分厚くしたので、クリームとイチゴを食べてる!という満足感があります~☆
e0114373_21161517.jpg
e0114373_21201943.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-02-27 21:18 | お菓子

パン・オ・レザン

私の定番朝食メニューは、カプチーノとこのメゾンカイザーパン・オ・レザン

イタリアに頻繁に旅行するようになってから、朝はバールでカプチーノとコルネット(クロワッサンのこと)というイタリア人にしたら「惰性」の朝食メニューにはまってしまいました。

さて、メゾンカイザーといえばパリの有名なブーランジェリー。日本には白金高輪、日本橋コレド等に店舗があります。ここのパンはとにかくどれも美味しくて感動します。パン・オ・レザンはサクサクの食感が大好きです。
e0114373_2157121.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-02-26 21:57 | お菓子
お菓子作りのベースとなる生地やクリームをマスターすると、それらを組み合わせてメニューを考えるという楽しみができます。

このタルト・オ・ショコラ・オランジェ(チョコレートとオレンジのタルト)は、数週間前から作ってみたいと思い描いていた作品です。酸味が特徴的なヴァローナのマンジャリとオレンジとあわせたタルトです。タルト生地もショコラ味にしました。

素材の味、香りから想像を膨らませてひとつのお菓子を作りあげる作業はとても楽しいですよね♪

というわけで今日はショコラづくしの一日でした。。

e0114373_2061740.jpg
e0114373_2062846.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-02-24 20:07 | お菓子

ガトーショコラ

お菓子教室でガトーショコラを作りました。

ガトーショコラって私的にはどうも固かったりパサパサしてるイメージがあったのですが、お教室で習ったこのガトーショコラはしっとり&ふわふわ♪

固かったり、パサパサするのは、配合の違いや焼きすぎが原因のようです。

e0114373_19485958.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-02-24 19:49 | お菓子
カトルカール・オ・シトロン(レモン風味のパウンドケーキ)を作りました。

最近ル・コルドン・ブルーの「サブリナを夢見て」というシリーズの本にはまっていて買い集めています。本当に写真が美しく、プロセスも詳細に写真で示されているので初心者でも作りやすくなっています。このカトルカールは、『フランス菓子基礎ノートⅡ』に載っていたレシピで作りました。

レモンの皮のすりおろしを加えてあるので、バターケーキながらもとっても爽やかなお味です。
仕上げは、アプリコットナパージュ、ラム酒風味のグラス・ア・ローです。

カトルカールは、小麦粉、砂糖、バター、卵という4つの材料を同じ分量混ぜ合わせて作るのが基本です。カトルとはフランス語で数字の4の意味です。

e0114373_22312156.jpg

[PR]
by MpeachM | 2008-02-21 22:35 | お菓子